Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jokelifeのブログ

人生は冗談だ。

綺麗事なしの長女論②祝福編

僕は、次女に辛く当たる長女の気持ちを知るため、彼女の言い分を聞いてみました。

・(キレたときのことではなく)前々から積もり積もった怒りがある。

・大人が次女の味方ばかりする。ケンカしたら自分が悪者にされる。

調べてみると、他のご家庭でも上の子が下の子をいじめるという問題はあるようです。

対処するためには原因を知りたい!

原因は色々な人が色々なことを言いますが、「的確なんじゃないか」と思った主な説を書いておきます。

①ケンカをすれば、チビちゃんだからって下の子の方が優遇される。気に食わない。(ここ、長女の言い分と同じですね!)

②何故か下の子の面倒を自分が見なくてはならない。気に食わない。

③上の子から見れば、好きで「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になったわけではない。だからそもそも下の子が生まれた時点で、存在自体が気に食わない。

①②はギリギリ気持ちは分かるんですが、③は過酷ですね。

僕は一人っ子なので、気持ちを理解するのは難しいかもしれない。

話は変わりますが、きょうだいゲンカ(兄弟喧嘩、姉妹喧嘩)で調べてみたら、自然界はもっと壮絶でした。

卵からかえると血の繋がったきょうだいを巣から突き落とす鳥とか、

母親の子宮の中で共食いデスマッチするサメとか、

「なに?きょうだいって生まれる前から敵なわけ?」と驚かされました。

きょうだいを倒しておいて、自分がエサを独占すると言う戦略なんでしょうね。

僕は綺麗事は抜きにしないと真実は分からないと思っています。

きょうだいは本能レベルでは、命がけの戦いをする宿敵同士の面もある。

そういう考えを頭の片隅に置いておくことにしました。

もう一方で、人間は長いこと助け合ってきたわけですから、強く結ばれた仲間、盟友とも言えます。

宿敵であると同時に盟友。これがきょうだいのベースと考えることにしました。

さて宿敵だからってツメ跡が残るようなつねり方をしてよい訳ではありません。

だから僕はベースには③のような気持ちがあると知りつつ、①②の気持ちを必死に理解をしようとしました。

さて、ミッションの話に戻ります。

「皿洗い」「古文の一節を暗記」「腹筋、背筋」、それ以外に、子どもに課した秘密のミッションがありました。

秘密。つまり子どもは、何をするとそのミッションが達成になるのかは知りません。

「秘密のミッションって中身は何なの?」としきりに聞いてくる子どもたち。

言ったら秘密にならないだろ笑

僕はただ、「いいと思うことをしなさい」と言ってきました。

(「ミッションの時だけいいことをしてもしょうがない。ミッションにつながると思っていないのにいいことをしたら、やったときに教えてあげよう」と伝えたつもりですが、子どもたちはどの位理解したかな?笑)

さて、そんな秘密のミッションも、ついに明かされるときがきました。

中身は【次女が腹筋・背筋、皿洗い、古文の暗記のどれかをするとき、長女は次女を手伝ってあげた】というものです。

夕ご飯の後の食卓で、長女を表彰しました。その時に、なぜこの「手伝ってあげた」と言うミッションを加えたのかを説明しました。

「君は、次女が生まれてからずっと、次女の面倒を見てきてあげただろ。そして、”お姉ちゃんなんだから”と言われ、我慢することも多かったろう」。

うなずく長女。

珍しく僕の目を見て話を聞く。

ふだんなかなか目を合わせないのだけど、

この時はきっと琴線に触れたのだろう。

「僕は、君が次女を助けてきてあげたことにお礼を言い、お祝いしたい。このミッションは、今月やったことについて書いているけれども、今までずっと助けたり面倒見てあげたりしたことについてお祝いしたいんだ」

そばで聞く次女は、両手を広げて拍手の準備をしている。

「君が次女を助けてくれたことを表彰します。ミッション達成おめでとう!」

待ちに待って大きな拍手をする次女。

少し照れくさそうに賞金を受け取る長女。

次女のお世話、よくやってくれたね。

「当たり前のように押し付けられた仕事」じゃなくて「感謝され、認められる理由」になったからね。

綺麗事なしの長女論①暴発編

どうも。昨日の記事では、子どもが望ましい行動をしたら賞品や賞金をあげるというミッションを紹介しました。(「お皿洗いでイイネを集めよ」とかね)。

他にも

「火曜日と金曜日は毎週欠かさず腹筋、背筋を10回」とか

百人一首、ランダムに出てきた一枚を60秒以内に書き取る」とかがあります。

「家事」「体力」「知力」などジャンルが多岐にわたるわけです。

ただ「やりなさい」と言ってもやらないことを、ミッションだとやってくれる。

ミッションは子どもを動かす、とてもいいインセンティブです。

僕はミッションを、「内面に関わる事柄」にも役立てたいと思います。

ここからは、こじれを感じる、あるテーマについて書きたいと思います。

長女が、次女に辛く当たるという問題です。

ツメ跡が残るほど強く引っかいたり、おもちゃを取り上げて意地悪をしたり。

あ、ただし、時々なんですよ。基本は次女に優しいし、次女も長女をしたっています。

ところが時々、次女への怒りが暴発するのです。

ふだんは割とクールな長女なのですが、タガが外れたように歯止めがきかなくなります。

長女が突然次女をつねって泣かせた時は、僕もたまらず長女を捕まえて散々ひっぱたきました。

次女は(つねられる直前)、特に悪いことをしていない。

なのにツメ跡がつくほどつねるのは何故なのか全く分からない。

それでいて、「私ばっかり(悪者にして)!」と長女が泣き叫ぶのです。

僕にはその時、長女はキレると支離滅裂なことを言うのかなと思いました。

しかしふだんの、割と話が分かる長女とはギャップがありすぎたのです。

僕は、長女の心の中を理解するため、冷静になってから話を聞き、

そして世間で同じ問題はないかを調べてみました。

ミッション「皿洗いでイイネを集めよ」

f:id:jokelife:20170128234359j:plain

洗い物をしない次女に、するようになってほしい!そこで「ミッション」を作成。お手伝いに報酬が伴うようにしましたよ。

【ミッション】

皿洗いでイイネを集めよ!

10個集めたらクリアだよ。

「皿洗いをしたらママからイイネのシールをもらう」→「1か月で10個集めたらクリア!」→「ミッションをいくつかクリアすると商品や賞金がもらえるよ!」

子どもも現金なもので、お金やご褒美のために動きます。

でもそれだけじゃない。これを一度やってから、【報酬なくてもやりはじめた】!!

洗い物に抵抗がなくなったのか?

それとも、お手伝いをしてママに喜ばれるのが嬉しかったのかな?

心の中で良い反応が起きたのは確かなようです😄

◯◯さんへのラブレター

◯◯さんにラブレターを書きました。

ついに僕のところに飛び込んで来てくれてありがとう。少し辛抱したけれど、必ずこうなると信じていました。

こんなことを言うと嫌われてしまうかもしれませんが、

欲を言えば、もっと僕の胸元に飛び込んで来てほしかった。。。

いや、、、やはり今のは忘れてください。

もっと来てほしかったら、そうなるために僕がもっともっと頭を使いますので。

どうすればあなたが喜んでくれるのか?

どうすれば人は喜んで僕のところにあなたを移してくれるのか?

何をするとあなたは僕から去っていくのか?

僕はまだちょっとしか分かっていません。

でも、これからもっと知っていきたきい。

いつまでも僕のところにお引き止めしようとは思っていません。わずかな時間ですが快適に過ごして下さい。

そしてあなたを手放すときには、あなたが喜ぶ使い方をしようと思います。

だから、次会うときには、お友達をいっぱい連れてきてください。たくさん受け入れられる器になっておきますので。

お金さん、愛してる。

仕事に無力感がわいてきたら

仕事に無力感を覚えたときは、この記事を思い出して読んでみて。

今年が始まってから、半月と少しが過ぎたね( ´ ▽ ` )ノ

仕事は楽しくやっていますか?

君の情熱と努力が報われる仕事なら、とってもいい仕事だね。ぜひ頑張ってほしい。

仕事をしていく上で、きっと味わうことになるものを今のうちに教えておくね。

それは【無力感】だよ。

自分のやっていることは、誰かの役に立つのだろうか?

はあ、会社の足引っ張っているなあ。。。

・・・などと思う時期が来るかもしれません。

僕は、君の能力が君の会社でうまく活用されているのかは分からない。

けど、君の「得意なこと」「好きなこと」を欲している人は、必ず世の中にいるからね。

ちょっと人より詳しい趣味とか、

長く続けてきた習い事、

仕事で身に付けたスキル、、、

その位のものでいいんだ。

君にとって当たり前でも、それを欲している人はいる。

それが自分の武器になる。

武器を尖らせるには、「どうすれば自分が人を喜ばせることができるか?」を常に考え続けるといい。

これは綺麗事じゃない。

それこそが、君が稼ぐための必須事項だからだ。

会社のお仕事でも、

自分でつくるお仕事でも、

「どうすれば人を喜ばせられる?」

と考えるのを忘れないでね( ´ ▽ ` )ノ