Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jokelifeのブログ

人生は冗談だ。

哲学は行動に宿る

僕の大好きな漫画は「火の鳥」です。独断で、日本人のバイブルに指定しています。

 

お話としては、「火の鳥」の血を飲んで不老不死になろうとする人々の壮大なドラマです。
永遠の命を手に入れた人がむなしい思いをし、栄えた文明が呆気なく滅びる。

 

僕はその文明が滅びるわきで「種まき」された生き残りが好きです。

 

ほら穴から壁をよじ登って出たクマソの生き残り。

エデンの星から宇宙船で脱出したノルヴァの子どもたち。

長く生きるより熱く生きたいなって、
今も昔も思わせてくれる作品です。

 

きょうは六本木で韓国人の友達とランチしていたときに、日本の代表的な漫画として紹介しました。

これ聞いたら読みたくなって本屋に直行。ファンが一人増えましたね(⌒▽⌒)

 

さて、ところで僕たちは、「火の鳥」の何に心が動いたんでしょうね?

 

レビューを語った僕も、聞いた人も、
「登場人物の行動」に心が動いたんです。(それ以外ない!!!)

 

クマソの生き残りにしたってノルヴァの子どもたちにしたって
●●哲学とか◯◯主義とかを言葉で語ったわけじゃない。

ただ、自分の思う通りに行動したのです。

 

それで、読んだ側としては
心が動いた。

 

さて、話は僕のことに変わるんですが、こういう、心動くような人や行動を

書き記すことを自分の使命にしています。

 

名前の付いた哲学ではないかもしれないし、もしかしたら有名な●●哲学かもしれないんだけど、

空論じゃなくてハッキリ分かるストーリーで読む人の腑に落としていきたい。

 

そんな訳で、このブログでは、心震えるストーリー、

「こんな考え方があるのか」とハッとさせられる人たちを記事にしていきます。

 

ご愛読のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m

f:id:jokelife:20170101233242j:plain