Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jokelifeのブログ

人生は冗談だ。

何しに生まれてきたんだっけ?

f:id:jokelife:20170104234833j:plain

あらかじめ言っておきますが、、、

あなたは死にます。

私も死にます。

無限の可能性を秘めたまま、いつか死にます。

明日があると信じたまま、震災で死ぬかもしれない。

だから僕は、常に「明日死ぬかもしれない」と考えながら生きることにしました。

そこで浮上する次の問いは「明日死んでも、悔いを少なくするには?」です。何をやってあれば、明日死んでも割とOKなのか?

僕は、震災でガレキに押し潰されて徐々に死ぬとしたら、

「え?死ぬの?俺、死ぬの?((((;゚Д゚)))))))やだやだやだ。アレもやってない。コレもやってない。"成功してからやる"って言って我慢してばっかだったじゃん!」なんて言いたくない!

「え?超いてえwwwなに、俺死ぬの?ははは、まあいいや!◯◯したからね!( ´ ▽ ` )やりたい気持ちに素直でいて、本当によかった!GOODBYEこの世!」って言って死にたい!

その状況で笑って死ねるようになるために、今やるべきことは何!?

━━━━━━━━━━

2011年11月11日、僕はバリ島のウブドに行きました。

震災のショックをまだ心に引きずっていた頃です。「本当にやりたいことは何だ?」というテーマを心の奥底に抱えていました。

カラッとした熱気、

澄んだ空、

赤、ピンク、緑の原色の植物、

棚田の原風景、

特製オムレツ、

ワンピース姿の女性たち

──が僕を覚醒させました。

頭の回転が普段の30倍になっちゃったんです。次から次へとアイデアがわいて止まらない。メモを取ってるそばから次のことを思い付く。

止まれ、俺の頭脳止まれ!

こわいよ、速すぎて怖いよ!

安全バーのないジェットコースターのように高速で回転する自分の心。これに振り回されないようにしながら、僕は、ただ一つの問いを脳にたずねました。

「何しに来たんだっけ?」

「俺、何しにバリに来たんだっけ?」

「何しにこの世に来たんだっけ?」

質問してるそばから別のこと考える脳みそを何回も捕まえ引き戻し、自分に問いました。

ノートに走り書きした答えは単純明解。

「女」と「書く」。

これが俺のテーマだったのか!

みなさんも、自分のテーマは何か?

何をしておけば明日死んでも後悔しないか?

是非書き殴ってみてくださいね。

テーマをコメントで語り合えたら楽しいなあ!(⌒▽⌒)