Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jokelifeのブログ

人生は冗談だ。

枠を超える個性 レズビアンタレント 牧村朝子

 渋谷のカフェで正面に座ったとき、牧村のクリッとした目が印象的だった。小顔で童顔。身長160cm余りの華奢(きゃしゃ)な女の子。「きれいだね」と僕。すると彼女は顔を横に向けながら、「でしょお?」と言って流し目。同時にサラサラの長い黒髪が揺れ、突然艶(なまめ)かしい淑女になる。

 新宿二丁目のバーで隣に立ったときは、偶然触れ合った肩が柔らかかった。彼女は他の女の子と知り合うと、「かんわいいわね」とご挨拶。「か」と「わ」の間に甘くかすれた「ん」が混じる。女の子同士で使う「かわいい」では、初めて聞く音だった。

f:id:jokelife:20170110235526p:plain

渋谷のカフェで。物憂げな表情で質問に答える牧村

 牧村朝子(24)は日本初のレズビアンタレント兼レズビアン・ライフサポーターだ。レズビアンの子たちを勇気づけるべく芸能活動を行っている。

 ところが意外にも、牧村は一時期レズビアンに悪いイメージを持っていた。「筋肉ムキムキの女」「フェミニズムが行きすぎた活動家」を連想しており、22歳までの12年間、「自分はレズビアンなんかじゃない」と思いながら過ごしてきた。

 きっかけは小学4年の時。クラスメートの女の子を好きになった。ところが友達の1人に言った途端、牧村はいじめの対象に。翌日からクラスメートたちに避けられるようになった。うわさが広まったのか弟にまで「このレズ」と言われる。以来、「女の子を好きになっちゃいけないんだ」と思うようになる。人間不信も始まった。

 レズビアンなどのセクシャル・マイノリティ(セクマイ)は、家族がセクマイあるいは理解者とは限らない。これが黒人の家庭なら、親は子どもに「肌の色のことで何か言ってくる奴がいるだろうけど、立派な個性なんだから胸を張りなさい」とでも言えるかもしれない。もちろん差別の重さを比べているのではない。セクマイは、「家庭」「近所」「学校」という枠では理解者を見つけにくいということだ。

 牧村はレズビアンであることを認めず、隠していた。中学時代には別の女の子が「この子レズなんだよ」と言われていじめの対象になるが、助けたら自分もそうだと思われるので沈黙してやり過ごした。個性として尊重どころか、自ら否定しフタをしていた時期だった。

 フタが外れたのは、22歳になってから。レズビアンパーティーに参加し、「女の子を好きになってもいいんだ」と思い始め、女性のパートナーを見つける。今年の5月下旬には渡仏し、パートナーと同性婚(正確には結婚ほど厳密でない民事連帯契約=PACS)する。TV番組のオーディションではレズビアンであることをカミングアウトし合格。

f:id:jokelife:20170110235508p:plain

 牧村は、思春期の、自我がまだ確立していない子の助けになりたいと語る。動画投稿サイト「ニコニコ動画」の生放送(ニコ生)では、主にレズビアンのテーマをめぐる番組で問題提起をしている。テーマは「レズビアン同士の妊娠・出産」「いじめの現状」といった硬派なものから、「好きな女性のタイプ」まで幅広い。視聴者のコメントもリアルタイムで返ってくる。

 また、「twitter」でのやり取りも盛んだ。

 このようにソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を使えば、牧村は外国にいながらでも日本の子たちに情報発信ができるし、つながれる。セクマイの子たちを励ませる。SNSがある現代、物理的な距離は問題ではなくなった。

 自分の個性を責めて苦しむ第二、第三の牧村がいるなら聞いてほしい。もし、「家庭」「近所」「学校」といった枠にあなたの理解者がいなくても、今はホイホイ越えていける。

●牧村朝子

(誕生)

1987年6月24日、神奈川県相模原市で。米軍基地の近くで育つ。書道家の祖父から、「才能や自分の腕で生きる」という生き方についての影響を受ける。

(10歳前後)

小学4年の時、クラスの女の子に初恋。

(15歳)

"It is Greek to me.(ちんぷんかんぷんだ)"という表現に触れ、ギリシア語を学ぶきっかけに。英語教師の母から「何で私の娘なのに」と英語力をなじられ、もっと難解な言語を探していたときに見つけた。

(22歳)

・ミス日本ファイナリストに選出。

レズビアンパーティーに行き、「女の子を好きになってもいいんだ」と思い始める。

(24歳)

渡米の後、6月に渡仏。

(取材・執筆=真木風樹)