Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jokelifeのブログ

人生は冗談だ。

売上200%!初めての商売

f:id:jokelife:20170112222915p:plain

 

初めての商売は、全然売った気がしないものでした。

あれは大学生の頃、国会図書館で調べ物を終えた帰り道に最寄り駅に起きました。

外は雨。傘を畳んで階段を降りようとする僕に、立派なスーツを来たインド人が話しかけてきました。


「ここらへんにコンビニはありませんか?これから大事な会議なのに傘がないんです」


議員と会議か!そりゃ大事な話だろうな。

でも、国会議事堂前の駅周辺はほとんどコンビニがない。


なので、僕は自分の傘を渡すことにしました。

「これを500円でお譲りします。コンビニで買うのと同じ値段です」

自分は後で行った先の駅で買えるでしょうから心配ありません。


「ありがとう!」


インド人は1000円札を僕に渡し、手を振り走り去っていきました。

僕が「お釣りは!?」と言う暇もないくらい即座に去りました。

「おつ!」くらいは言っていたかもしれませんが、

相手は「乙!」と言われたと思ったかもしれません。

 

ここで僕は
500円の元手で1000円の現金を得ました。

【利益÷元手が200%】


ここだけ聞くとボロ儲けしてるみたいですねwww


なぜこの商売が成り立ったかと言うと、


【相手が今めちゃくちゃ欲しいものを】

【目の前に出したから】


ただそれだけです。

やる気も、商品価値のアピールも不要!

僕自身、これが商売になっていたことは後になってから分かりました。

傘なんて彼に渡すまで「ただの持ち物」でしたよ笑

それがまさか「商品」になっているとは思いもよらないことでした。

幼なじみの異性が、めちゃくちゃいい女/いい男に育っていると気付くくらい、

思いも寄らないことでした。

 


ちなみに知人には、雨を予測し安いうちから傘を買い占め、雨が降り出したら大学構内で500円で売るというのを集団でやってた人がいますwww
規模が大きくなりすぎて大学から止められたそうですがww


僕とインド人とのエピソードで大事なことはたった一つ。


【相手がめちゃくちゃ欲しいものを目の前に出す】


これがお金を得る上でのたった一つの大事なことです。